お家をお得に修繕

【2020年版】家が台風で壊れた時に確認したいこと

マネーコ
マネーコ
こんにちは〜マネーコです! 今日はお家が台風で壊れてしまった時確認したいことについて書いていくよ!
ミケちゃん
ミケちゃん
お家が壊れると多額の費用がかかることがあるからその観点から見ていくわね
トラちゃん
トラちゃん
知りたい知りたい〜

この記事はこんな人にオススメ

お家が台風で壊れた

できればお家を安く(もしくはタダで)直したい

台風でお家が壊れていないか無料点検して欲しい

マネーコ
マネーコ
解説にいくよ〜

 

家が台風で壊れてしまった方へ

この度は大切なお家が壊れてしまったいうことで大変な思いをされましたね。

今あなたが心配していることはおそらく、

「修理にはいくらかかるんだろう…」

「出来るだけお金の負担を少なくしたいなぁ…」

「他にも壊れている箇所があるんじゃないのかなぁ…」

ということではないでしょうか。

この記事では、あなたのお金の負担を出来るだけ軽くするために取れる手段を解説していきます。

ミケちゃん
ミケちゃん
あなたのお役に立てますように
マネーコ
マネーコ
台風でお家が被害に遭われた場合はまず自分の入っている「火災保険」を確認してね

 

火災保険が台風に使えるの?

火災保険という名前から、火災に対する補償しかない保険なんだと勘違いされる方が多いです。

しかし、火災保険は「火災」のみならず「水災」「風災」「盗難、破損」など幅広いところまで手の届く保険です。

ですから、台風の被害に遭われた方はまずご自分の入られている「火災保険」を確認することをオススメします。

持ち家を所有している方の8割から9割の方は、「マイホーム購入時」に入られているというデータもありますので、あなたも入っている可能性が高いでしょう。

火災保険が適用されればほとんどの「無償」で直るのではないかと思います。

火災保険は何度使っても保険料が上がることがないので、使えるところにはしっかりと使いましょう。

トラちゃん
トラちゃん
火災保険を確認すれば解決ってことだね! 火災保険が適用になるといいなぁ
ミケちゃん
ミケちゃん
ちょっと待って! 火災保険には注意事項があるの! 次で解説していくわね

火災保険のここに注意

火災保険ではこんなことに注意が必要です。

補償内容は「建物と家財」「家財のみ」「建物のみ」のどれであるか

保険会社の指定している方法で申請する必要あり

 

火災保険の補償内容に注意

火災保険では、その保険によって補償内容が違います。

「建物と家財」を選択していれば建物自体の補償と衣服など家財の補償も受けることが出来ます。

しかし、「建物のみ」「家財のみ」に火災保険をかけられていた場合はどちらか一方の補償がないという状況が考えられます。

ご自分の火災保険が対応している範囲は必ず確認しておきましょう。

 

保険会社の指定している方法で申請する必要あり

火災保険を利用する時、大変になるところはその申請方法の難しさにあります。

まとめるとこんな感じになります。

1.傷が被災によるものか、経年劣化によるものか判別が必要

2.被災箇所を適切な角度で、写真撮影する必要がある

3.申請可能な箇所が素人には判断できない

4.被災箇所がいつどの災害によって生じたものかを特定する必要がある。

5.被害に見合った適切な額の見積書を、作成しなければならない

6.保険会社・鑑定人とのやり取りを、正確に行わなければならない

マネーコ
マネーコ
結構申請が難しいんだよね〜…
トラちゃん
トラちゃん
おいら出来る自信がないよぉ…

 

このように、火災保険には注意点もあります。

特に申請に関しては、少し難しいところがあるので

火災保険を利用したことのある友人知人に話を聞く

実質無料の代行サービスを利用する

などがオススメ

 

代行サービスについてはこちらの記事で詳しくまとめていますので、合わせてお読みください。 無償点検として使えるサービスでもあります。

【お家の保険相談センター】火災保険の面倒を解決! この記事はこんな人にオススメ お家が壊れてしまった 火災保険で直せないかな? 火...

 

まとめ

お家が台風被害に遭われた方は、

まず火災保険をチェックしましょう。

ほとんどの方が「マイホーム購入時」に加入しているはずですので、あなたも火災保険に入っている可能性が高いと思います。

火災保険が適用されれば、ほとんど無料でお家が修繕できると思います。

火災保険は「自動車保険」などと違い、何度使っても保険料が上がることがないので使えるところにはしっかり使っていきましょう。

 

注意点

火災保険は申請が少し難しいため「利用したことのある友人知人」に話を聞いたり、「実質無料の代行サービスを利用すること」をオススメします。

 

代行サービスについてはこちらの記事をお読みください。

【お家の保険相談センター】火災保険の面倒を解決! この記事はこんな人にオススメ お家が壊れてしまった 火災保険で直せないかな? 火...